Vol.2505

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■薬・薬連携委員会からのお知らせ■■■
『災害時の薬・薬連携』
東日本大震災から10年、熊本地震から5年が経過した本年ですが、昨年、本年と新型コロナウイルス対策に翻弄される毎日です。ですが、日本において地震・水害など自然災害に対する意識をおこたることはできません。先日も熱海で土砂崩れが起こり、甚大な被害がでました。

災害時に重要となるのがより速い医療体制の復興です。武蔵野市では、例年、医療連携訓練を実施しており、そこでは病院薬剤師、保険薬局薬剤師がともに緊急医療救護所内で活動をし、大規模災害時の薬の流れや薬剤師の行動などを共有します。また、災害薬事に関する勉強会や研修会を定期的に開催しています。

有事の地域薬事は薬剤師みんなで守る、そんな心意気が現在のコロナ禍においても合同のワクチンミキシング研修や薬・薬連携企画の進行にもつながっていると考えています。