Vol.2500

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■実務実習委員会からのお知らせ■■■
『実務実習と薬薬連携』

改訂コアカリにより、実務実習のスケジュールが薬局、病院の順となって4年目になりました。
あとから実習を受ける病院の薬剤師としては、すでに調剤、服薬指導、在宅医療と様々な経験をした実習生を受け入れると、実習生がすでにある程度育っている印象を受けます。知識はもちろんですが、実習生としての、そして医療人の卵としての態度も垣間みえるようになり、萌芽直前の若木をみるような、そんなワクワク感があります。先生方の背中からあふれ出ているプロフェッショナリズムは確実に実習生を変えています。
だからこそ、そのバトンを受け取った病院薬剤師は背筋が伸びる思いで、実習生がさらに成長できる実習環境を整えなくてはなりません。
一方で、薬薬連携は実習生に実感いただけるほど進んでいないところがあります。実務実習での連携を通じてお互いの相互理解を深め、それが薬薬連携につながれば、実習生、薬局、病院にとっても価値ある変化をもたらすと信じています。