Vol.2260

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンの供給に係る米国ファイザー社との基本合意


■【トム】の投稿記事■■■
『ストロング系缶チューハイ』
皆さんこんにちは。
withコロナ生活いかがお過ごしでしょうか?
ここ数か月、仕事終わりに同僚と飲みに行くことができ無い為、家でお酒を飲む機会が増えていませんか?
今、流行っているストロング系缶チューハイを飲んでいる方も多いかと思いますが、アルコール含有量をご存知でしょうか?
7%の350ml缶で約20g、8%約22g、9%で約25g
7%の500ml缶で約28g、8%約32g、9%で約36g
と言われています。
ストロング系缶チューハイは1日のアルコール摂取量の20gを超えるものが多いのです!!
患者さんでついつい飲み過ぎて調子を崩している方いませんか?
実はストロング系の飲み過ぎが原因なんて事もあるのでしっかりヒアリングしてみましょう。
また、缶チューハイだと保存が効か無いので、開けたら飲み切らなければという心理が働いて飲み過ぎてしまう事もあります。
家にいる時間が増えて、ついつい飲み過ぎてしまうかもしれませんが、体のことを考え上手くお酒と付き合いましょう。

それでは、今日も一日頑張りましょう!