Vol.2212

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を担当するマイク・ライアン氏は22日、南米が新型コロナウイルス感染の中心地になっており、ブラジルが最も影響を受けているという認識を示した。


■【てふてふ】の投稿記事■■■
『「緊急事態解除の日」遠い医療現場』
いよいよ緊急事態制限が解除されました。新型コロナウイルスの世界中での蔓延により、世界での死者数が33万人を越えました。日本では、まだ800人強です。この少なさにより世界での日本の評価は非常に高いです。新規患者数も日本全体で一日数十人になり、日本全体で緊急事態宣言が解除されました。
しかし、このように死者数が少ない理由として、日本の医療水準の高さがあります。またその最後の砦が集中治療室(ICU)です。少なくなったとは言え、毎日新しく入院される方はいます。基本的には、基礎疾患をもっておられるかお年寄りで、免疫弱者が重症化して入院されます。本当はまだ、日々の死者数は少しも減っていないのです。また最終的にこの感染症が終息するには、ワクチンによる日本全体の集団免疫の獲得が必要であり、ワクチンの開発・製造・接種までの時間を考えれば、早くて来年の夏ごろではないでしょうか。
医療現場は、今まだ現実には少しも終わりが見えていません。その現状を知る為の記事を見つけました。4~5分で読めます。是非読んでいただいて、現実を知り、この人達をどう支え、自分は医療人としてどう行動するか考えましょう。この記事の中の医師は言っています。この状態は1年は続くだろうと。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/post-93478.php


それでは、今日も一日頑張りましょう!