Vol.2198

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・世界保健機関(WHO)は4月23日、サイバー攻撃によりWHO職員らの電子メールアドレスとパスワードが、ウェブ上に大量流出したと発表した。


■【マッキー】の投稿記事■■■
『有事のクレーマー』

世間では今、マスクをしないでジョギングをする人たちが叩かれ始めておりますが、薬局についてはパーティーション設置や消毒液を置いていないなどコロナ対策をしていない薬局が叩かれるケースが出ているそうです。逆の対応がきちんとしているケースではよい評価を受けるというどっちかの状況になっていますね。ある意味みんなぴりぴりしていて見方も厳しいものに変わってますね。それにしても体温計売ってないです。

さて、クレーマーも有事で増えることが挙げられるので一般的な対策を記載してみたいと思います。
まず多いのは承認欲求です。きちんと自分の主張を理解して自分の存在が大切であることを認めてもらいたいことが挙げられます。これの対策は先方の主張を繰り返しで確認する、共感するということで理解を態度で示すことが効果的です。あとは丁寧な接客と申し訳ないという言葉をはさむことで8,9割は対応できると思います。
その上で、今回大事なことはマスクでもなんでも、ダメなことははっきりダメと伝えくださいね。これが大事で、正確な情報を伝えることが一番の信頼につながりますので、そこは毅然とした態度で接してください。

全業種で苦労している有事で増えているクレーマー。ネット上では医療従事者、スーパースタッフなどへのいたわる声も多数ありますが、とはいえ1名でもそういう人がいると本当に疲れるし、テンション下がりますね。でもここが踏ん張りどころでそういった方への心のケアも含めて薬局が貢献するくらいの気持ちで対応、この状況を乗り切りたいですね。

それでは、今日も一日頑張りましょう!