Vol.2197

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(英GSK/米ヴィル) 新型コロナで共同研究 ‐ 既存抗ウイルス抗体開発へ


■【冲永薬局 榎本 剛】の投稿記事■■■
『モンテルカストナトリウムの謎』

「あれ?

シングレア細粒が1日1包 分2になってる。

疑義照会しなくっちゃ!」

って事があって、改めて添付文書を確認すると、適用上の注意の項目に、

3.本剤は光に不安定であるため、服用の準備ができるまで開封しないこと。柔らかい食物、調製ミルク又は母乳と混ぜた場合も、放置せずに直ちに(15分以内に)服用すること。
4.本剤は光に不安定であるため、再分包しないこと。

という記載があります。

15分ってそんなに光に弱いんだ。

どんな根拠で15分っていう値が出てきたんだろう?

って疑問に思いました。

さらに、

じゃ、普通錠とかOD錠、チュアブル錠はどうなの?

って添付文書を見てみると、確かに貯法は遮光の指示があります。

でも、細粒に関しては15分とか再分包しない事とか、厳密な事が書いてありますが、錠剤については一包化等について注意喚起が見当たりません。

MRに聞いてみると、PTP包装で遮光性を持たせているとの事。

そして一包化の質問があれば、遮光できない状態での一包化お勧めしないと回答するそうです。


錠剤と細粒。

この遮光に対する注意書きの温度差はいったい何??

一包化には、気を付けなければいけないことがたくさんありますね。


それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。