Vol.2145

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・クルーズ船乗客への対応で東京都薬剤師会からも薬剤師が出動
・WHOが新型コロナウイルスによる肺炎の病状を「COVID-19」と命名
・厚生労働省が将来的な薬剤師の役割を考える新たな検討会を設置する方針


■【はなみずき】の投稿記事■■■
『苦い水』
バレンタインですね! 人気の高そうな高級チョコレート、誰かくれないかなーと思っても、今のところ、その気配はありません。

さて、「chocolate」の語源は「xocolatl(ショコラトル)」という単語で、これはメキシコの民族語で「苦い水」という意味をもつとのこと。歴史を調べてみると、実際に薬として使われる液体だったようで、「良薬口に苦し」の通り、、、おっ、薬剤師向けのネタだ~と思いきや、ことわざの意味が文字通りではないのはご存じの通りです。

「苦い水」はその後、徐々に甘くて楽しむ飲料・食品になってきたようです。最近はカカオ○%といった苦いものもありますが、自分のやっぱり甘いミルクチョコ! 疲れた時に最適です!(ただし、食べ過ぎ注意)

階段でじゃんけんをしてチョキで勝つと、チ・ヨ・コ・レ・イ・トと6段も進めて、年甲斐もなくうれしいと思ってしまいますし、巷では「たけのこの★」「きのこの▲」総選挙が定期的に行われているなど、我々の生活にはたくさんのチョコレートが登場する今日この頃です。

では、自分用に、ハートチョコでも買いに行きましょうか!


それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。