Vol.2047

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・新データヘルス計画、薬剤情報確認や電子処方箋本格運用へ-厚労省、21年度以降


■【マッキー】の投稿記事■■■
『健康診断してますか?』
年1回は健康診断きちんとしてくださいね!企業が大きいと健康診断の日を数日決めて検診車が来てくれることもあると思いますが、その時にバリウムを飲みますか?的な会話があると思います。そう胃がんの検査です。胃がんについては年間約13万5000人が罹患し、トップの大腸がんに次いで多いがんとなります。早期発見で治癒が期待できることから、定期的な検診が特に重要となります。自治体が地域の方を対象に行う胃がん検診には、主にX線と内視鏡の2種類があり、受診者がどちらかを選ぶ場合もあります。

さて、あなたはバリウム飲みますか?検診の際のバリウムについてはいろいろインターネットを検索すると出てきますね。医者は絶対にバリウム検査をしないといった内容もあります。X線での検診については胃の部位によっては異常自体見つけにくい点やバリウムが検査後に腸に残ってしまう可能性などが課題とされております。
検査については、見つけやすさについては内視鏡がやはりおすすめですが、とはいえ検査をしないよりは良いものです。胃がん検診の受診率は、男性が46.4%、女性が35.6%(2016年度)なので、是非検診は定期的に実施してください。医療人が率先して示しましょう!

それでは、今日も一日頑張りましょう!