Vol.2005

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・オンライン緊急避妊のガイドラインが大筋で認められ、薬局・薬剤師向けの通知等は今後別途作成へ。実際の運用については課題も残る。


■【ゲーリー】の投稿記事■■■
『在宅療養推進の課題』
今後も需要増が見込まれる在宅療養について推進を検討する会議でのことです。
地域の訪問看護の体制ができているのに、在宅担当医が決まるとそこに属している訪問看護が関わることに決まってしまい地域に繋がらないとの意見。まさに薬局も同じような状況が!かかりつけ薬剤師・薬局として地域で関わっていた患者さんが体調を崩して入院され、退院後、在宅訪問診療に移行するときに薬局まで別の薬局に変わってしまうケース。なぜ、かかりつけの地域の薬局に最初に声がかからないの?患者さんもそれを望んでいるのに!
地域包括ケアシステムをしっかり担おうとしているのに、在宅の仕事を専従としてされる医療施設側の囲い込みとも捉えられる行為はいかがなものでしょう。やはり、地域での対応が優先されるべきではないでしょうか。 

それでは、今日も一日頑張りましょう!