Vol.1996

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・東京大学医科学研究所の山崎聡特任准教授(幹細胞生物学分野)を中心とした研究チーム(スタンフォード大学と理化学研究所との共同研究チーム)が、マウスの造血幹細胞を用いた実験で、市販の「液体のり」の成分「ポリビニルアルコール」(PVA)を用いることで白血病治療で重要な造血幹細胞を増幅させることに成功した。日本医療研究開発機構(AMED)が、公式HPで発表した。


■【てふてふ】の投稿記事■■■
『血液1滴、早期がん見逃さず』
わずか1滴の血液や尿から早期のがんを発見する――。そんながんの検査が早ければ2020年にも一部の人間ドックや健康診断で受けられるようになりそうだ。多くのがんを95%以上の精度で発見できた。鍵を握るのはがん細胞が血液中に放出する「マイクロRNA(リボ核酸)」と呼ぶ物質だ。新たにがんと診断された3000人の血液でも精度を確かめた。
この結果をもとに、研究に参加した企業が、検査キットの製造販売承認を19年内にも厚生労働省に申請する。承認されれば、20年にも一般の人の検査に使えるようになるかもしれない。(国立がん研究センター研究所)。
私は健康で長生きをしたいと思っています。それが患者さんへの見本になると思っています。日本では2日に1人は癌になり、3人に1人はがんで死ぬと言われています。私も癌で死にたくなくて3年に一度PET検査を7回受けてきました。最初は1回18万円くらいでした。現在は1回12万円くらいです。これが実施されれば多分かなり安くなるでしょう。癌は早期発見が最も重要です。これも医療そして個人の健康は人生にとってかなり重要なことです。良く考えましょう。患者さんと話せるように。

それでは、今日も一日頑張りましょう!