Vol.1895

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・「血圧計トラブル」の判断から一転、患者に不整脈の疑い  薬局ヒヤリ・ハット、評価機構「薬剤師は医療機器の知識も」


■【マッキー】の投稿記事■■■
『石鹸が一番』
薬局やドラッグストアで販売している手洗い用せっけんの一部に関して、FDAが昨年とある声明を発表した。抗菌作用があるとして一般向けに販売されているせっけんやハンドソープなどのうち、トリクロサンやトリクロカルバンなど19種類の殺菌剤が含まれる製品の販売を禁止するという。上記成分配合された薬用せっけんや抗菌ハンドソープは、国内でも販売されている。
理由は、トリクロサンやトリクロカルバンなどの殺菌剤を含むせっけんを長期間使うと、耐性菌が発生したり、甲状腺ホルモンや生殖ホルモンに悪影響を及ぼしたりする可能性があるとのことからである。
また、殺菌剤が含まれている一般向けのせっけんやボディーソープなどの製品を販売する企業に対し、FDAは安全性だけでなく有効性の追加データを提出させ、実際の提出されたデータを検証したところ、これらの製品が通常のせっけんに比べ感染症の予防効果を発揮することを証明できなかったという。それどころか、むしろ長期的には、有害な作用をもたらす可能性を示すデータがあることを明確にしている。
いろいろなものに抗菌、除菌だの99%だのと表記されていますが、薬剤師として耐性菌の問題も含め科学的根拠をもとに適切な商品を把握することが大事ですね。

それでは、今日も一日頑張りましょう!