Vol.1879

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
スマートフォンなどで映像を平日1日当たり3時間以上視聴している児童や生徒が昨年度から急増し、その児童らの体力は全国平均値よりも低いことが、スポーツ庁が20日に公表した2018年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査(全国体力テスト)」で分かった。


■【てふてふ】の投稿記事■■■
『人喰いバクテリア』
感染すると、手足の壊死や多臓器不全などを引き起こす「劇症型溶血性レンサ球菌」は、特定の脂質を大量に作り出し、免疫系からの攻撃を阻止していることが、大阪大微生物病研究所の山崎晶教授(免疫学)らのチームの研究で分かった。成果は海外の科学誌電子版に掲載された。 
劇症型溶結性レンサ球菌は人喰いバクテリアと言われる細菌の一種です。その患者は日本でも増加傾向にあり、平成29年には588人が報告されております。ペニシリンが効果があるようですが、感染すれば48時間以内に処置をしないと致死率が30%以上になるとも言われています。疼痛・高熱等の初期症状があるそうです。
早期の受診を勧めなければなりません。知識のひとつとして覚えておきましょう。

それでは、今日も一日頑張りましょう!