Vol.1834

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・中高生のネット依存93万人 ゲーム原因か-厚労省研究班
・梅毒が昨年を上回るペースで増加中、原因不明の発疹には疑いを
・中山・前薬剤管理官「実績を論文で示すことが大事」第51回日本薬剤師会学術大会


■【かすていら】の投稿記事■■■
『本日は海外旅行の日です』
海外へ行くときに、一般的な市販薬を常備薬として持ち込む場合は特に必要な手続きはないそうです。必要最小限の量を外箱やパッケージに入れておけばほとんど問題にならないんだとか。
対して、服用中の処方薬を持ち込む場合は注意が必要です。国によっては法律で持ち込めない薬がありますし、そうでない場合でも、入国時にトラブルになる場合があるからです。
それを避ける為に、英文の「薬剤証明書」と「薬の説明書」を持参すると良いようです。薬剤証明書は医師に記載してもらう必要がありますが、薬の説明書は「くすりのしおり」というサイトで無料で英語版をダウンロードできます。グローバル化が進むにつれて、こういった相談も増えていくかもしれません。ぜひ活用しましょう。

ところで、本日10月19日は武田薬品の臨時株主総会の基準日に設定され、本日時点で株主名簿に記載のある株主が、3ヶ月以内に開かれるであろう臨時株主総会で議決権を行使できるそうです。日本企業の過去最高買収額となる約7兆円のシャイアー買収は承認されるのか否か、薬剤師としては気になるところですね。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。