Vol.1825

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・大正製薬ホールディングスは、富士フイルムホールディングスとの業務提携を解消すると発表。富士フイルム傘下の富山化学工業(現・富士フイルム富山化学)と大正製薬の医療用医薬品の販売は、大正製薬傘下の大正富山医薬品が担っていた。富山化学の医薬品10品目は富士フイルム富山化学が販売し、大正製薬の製品20品目強は引き続き大正富山が販売する予定。


■【まひるのあひる】の投稿記事■■■
『製薬メーカーの昨今』
医療用、一般用医薬品ともに製薬企業が生き残りをかけて統合、提携、またその業績によっては解消が頻繁に行われています。
薬価の引き下げや、スリム化による人員削減が大きく働いていることは明白です。
製品の譲渡も拍車がかかっているようにも思えますが、製薬業界の未来はどうなっていくのでしょうか...。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。