Vol.1712

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・厚生労働省が実施した「かかりつけ薬剤師・薬局機能調査・検討事業」のうち患者アンケートでは、どの医療機関を受診しても特定の薬局を利用すると回答した人は57.0%と半数を超え、立地別では「面分業」の薬局利用者の割合が72.6%と最も高かった。


■【M】の投稿記事■■■
『信頼』
トピックにある厚労省が実施した「かかりつけ薬剤師・薬局機能調査・検討事業」の患者アンケート結果、みなさんどう感じましたか?
私は、どの医療機関を受診しても特定の薬局を利用すると回答した人が57.0%いることに少し驚いてしまいました。毎日患者からお預かりするお薬手帳を見ていてもクリニック・病院の門前薬局で薬をもらっている方が私の実感としては多く、まだまだかかりつけ薬局・薬剤師のアピールが足りないなと感じてしまう毎日だったからです。
さらにこのアンケートでは「患者が自身に対応する決まった薬剤師を選んだ観点」については、「信頼できるから」が65.6%と最も高い結果となっています。
「信頼」を得る・・・そのためには何が必要なのか?経験?コミュニケーション力?知識?
少しでも患者さんにとって魅力ある薬剤師になれるよう自分を磨き続けよう!と考える今日この頃でした。

それでは、今日も一日頑張りましょう!