Vol.1706

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・「医療行為と刑事責任に関する研究会」は、収集した430の医療事故事例の半数を分析し、医療行為の刑事事件化には、「軽率性」「未熟性」に類別化できる傾向にあると指摘


■【ゲーリー】の投稿記事■■■
『薬学生』
つい先日卒業式だったのに、今はもう入学式シーズン。桜はすでに見頃を過ぎてしまい、ちょっと寂しい入学式です。
薬学部・薬科大学でも新入生が門をくぐり、これから基本6年かけて薬剤師を目指します。
さて、これからの6年間に薬剤師を取り巻く環境はどのように変化しているのでしょうか。
大学の中だけだと社会のニーズの変化を身近に感じることは少ないと思います。実務実習で社会に出て薬剤師が実際に行なっている様々な業務を体験し、自分がどのような薬剤師を目指すのか考える学生も多いようです。そこで大きな役割を果たしているのが、ロールモデルとなる現場の薬剤師です。学生たちが自分の将来像を重ねているのは指導する現場の薬剤師の皆様方です。
今年度は、来年度の改訂モデル・コアカリキュラムへの移行に向けて実務実習も前倒しになりますが、一人ひとりの学生がよかったと感じてくれる体験型実習の実践、学習成果基盤型実習のトライアル実施を目指して受入体制の整備をお願いします。今年度はゴールデンウィーク明けから始まります。

それでは、今日も一日頑張りましょう!