Vol.1704

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・男性用ピル、臨床試験で有望な成績(米国内分泌学会3月17~20日、米シカゴ)で発表。
50歳未満の男性100人を対象としたジメタンドロロン・ウンデカン酸(DMAU)と呼ばれる男性用ピルの臨床試験で、DMAUの忍容性が確認され、精子の形成に必要なホルモンの濃度が低下。


■【まひるのあひる】の投稿記事■■■
『スイッチOTC』
健康サポート薬局の一つの大きなアイテムと期待されるスイッチOTCですが、今の制度上、要指導医薬品から時間を経るとリスク区分が下がっていく仕組み。第一類医薬品を過ぎてしまうと、そこにはドラッグストアの販売が待っている。
いま、厚生労働省の『医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議』では、薬剤師の委員、医師の委員の間で綱引きが行われていますが、個々の医薬品に対してのもの。
大局的に、制度の見直しを考えてほしいものです。
安全性の確保とは何なんでしょうか。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。