Vol.1694

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・「歯は大切に」認知症発症にも影響:久山町研究
・新薬7件承認了承、腰椎椎間板ヘルニア薬など


■【ゴン】の投稿記事■■■
『ユニフォームの大切さ』

先日ありました在宅訪問での出来事です。
出掛ける際に在宅用の動き易い白衣をクリーニングに出していて手元になかったことと、丁度その日に伺うのは盲目で独居の方のお宅1件だけであったことから、白衣が無くても気付かれないだろうし今日くらいは良いかと思い、そのまま出掛けてしまいました。
しかし、その後予期せぬ出来事が起こりました。その日に限って、作業中に3人もの訪問者が現れてしまったのです。1人目はヘルパーさん、2人目はお弁当を運んで来てくれる業者さん、3人目はご近所の人でした。
全員が全員、自分を見て「この人は何者?」という顔をしているのです。
それは当然の事だと思います。
見かけない顔の男が、目の不自由な老人の家で勝手にガサゴソと何かをしているのですから。
訪問してきた3名の方々には「○○薬局の△△と申します。□□さんのお宅にお薬のお届けとセットをさせて頂きに伺っております。」と説明して、やっと不信感が解けるといった感じでした。
どんな理由であれ、多少動き難くても普段店舗で使っている白衣を持って行くべきだったと後悔しました。
もし今回のようなケースで自分が白衣とネームプレートを着用していれば、一目で医療関係者である事は分かり、怪しまれることも無かったでしょうから。
白衣という自分のユニフォームの大切さに身をもって気付かされた出来事でした。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。