Vol.1659

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
後発医薬品調剤体制加算は、現行の2段階から3段階評価に変更


■【てふてふ】の投稿記事■■■
『新人薬剤師』
平成27年度と28年度を比較すると全国の薬局の数は58,678店で352店(0.6%)増でした。
平成3年から13年にかけての保険薬局数は、31,731店から45,893店へと10年で44.6%も増えました。その理由は、厚生省の方針で医薬分業を進めるべく、全国に保険薬局を増やす為に、調剤技術料が高く設定されていたので、どんどん店舗も増えました。
しかし、今は数字が表すように儲からないので店舗数も増えなくなりました。その中身を見れば、大手チェーン店が増え、個人店が減っているのです。そして地方で減り、大都市で増えているのです。平成30年4月の診療報酬改定でも『仕事を増やさないと技術料も上げないよ』という内容かと思われます。当たり前のことです。昔に比べ厳しくなっている今のこの時代に、私の薬局に開業したいと言うMR上がりの新人がきました。嬉しいことです。
私の知識と経験を伝え、是非成功するようにアドバイスをして成長を助けたいと思います。

それでは、今日も一日頑張りましょう!