Vol.1656

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート
・「もうけすぎ」薬局に逆風 かかりつけ機能後押し 調剤報酬引き下げ


■【ゴン】の投稿記事■■■
『喫煙者のマナー』
正月の初売りに出掛けた時の話です。
買い物客で混雑の中、私の横に居た男性が突然タバコに火を付け始めました。周りには子供やお年寄りも多く、タバコや、その火の粉が当たる可能性もある上に煙も充満し出して、その煙たさにたまらなくなり、思わずその人に
「ここは喫煙所でもなければ、あなたの家でもない。早くそのタバコを消して下さい!!」
と注意をしてしまいました。すると火はすぐに消したものの、詫びを入れるどころか、
「私にはタバコを吸う権利があるのに、それを無視するのか。最近の世の中は、その人権を踏みにじっていて間違っている。」
と、意外な言葉が返って来たため、自分の耳を疑いました。私もすかさず、
「それでは聞きますが、受動喫煙について、どのようにお考えですか?あなた達、喫煙者はフィルターを通して煙を吸っている一方で、周囲の人達にはフィルターなしの有害な煙を強制的に吸わせているようなものなのですよ。周囲の迷惑も考えずに自分の権利だけを主張するのは、いかがなものかと思いませんか?」
と疑問を投げかけたところ、
「受動喫煙とかのことは、よく分からない。」
とボソッと言った後、去って行きました。
自分も元喫煙者でしたので、タバコを吸いたくなる気持ちも分からなくはありません。しかし、場所と状況をわきまえない身勝手な喫煙者のマナーは改めて行くべきものだと思います。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。