Vol.1642

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・薬局改革でアクションプラン‐厚生労働省、ビジョン実現へ基本的方針


■【榎本 剛】の投稿記事■■■
『消える薬』
子供の頃正月もらったお年玉が、いつの間にか消えていて不思議でした。
いや、自然消滅はあり得ないので、使っちゃったんだと思います。

点眼剤の中には、点眼しやすいように工夫がしてある物があります。
キャップが半回転させると外れるようになってて、ボトルも押しやすいように平べったくなっています。

この点眼剤は、服薬指導をしていて、
「出がいいから早く無くなる。」
って話をよく聞きます。

それは理解できます。

でもたまに、
「いつの間にか無くなる!蒸発してるんじゃない?」
っておっしゃる患者さんがいます。

点眼剤が蒸発??
話を聞くと、途中まで使ってから急激に無くなるとの事。

本当に蒸発するか、半分点眼剤を捨てて、
キャップをきちんと閉めたもの。
緩めたもの。
完全に外したもの。
を約一か月室温で放置しました。

結果
http://www.star7.jp/toyaku-mm/img/attached_file/20180105_bPpLzBheHVaU.html

変化なし。
これキャップが緩んだ状態で持ち歩いて出ちゃったんじゃないでしょうか?
でも患者さんは、周囲は濡れていなかったと...。

う~ん。
謎!!

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。