Vol.1636

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・チップ入り錠剤、胃液に反応し電波...スマホへ服薬情報を送信
・加盟店の調剤業務に関する再調査へ JACDS


■【白ゴン】の投稿記事■■■
『冬至』
今日は冬至ですね。冬至と言えば、かぼちゃと柚子湯ですが、この2つが冬至とどう関係しているのかを皆さんはご存知でしょうか?
一説によると、冬至は一年の中で最も日照時間が短く、太陽の力が弱まる日ですが、以後は再び太陽の力が強くなる事から、この日を境に運が上向くとされていました。そして、さらに運が良くなるようにと「ん」がつく物を食べていたそうです。かぼちゃは漢字で書くと南瓜(なんきん)で「ん」が2つ付いている事から好んで食べられていたとされています。さらに、かぼちゃは貯蔵の利く夏野菜であり、ビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪予防にも効果的です。
そして、冬至に柚子湯に入るのは、運を呼び込む前に香りの強い柚子で邪気を払って体を清めるといった意味があるそうです。柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。さらに、芳香によるリラックス効果もあるので、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。
伝統行事には賢人の知恵がたくさん込められているのですね。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。