Vol.1624

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・中医協、遠隔診療での服薬・運動指導を診療報酬の対象にする方針


■【トム】の投稿記事■■■
『看取り在宅』
在宅業務を始めて数年経ちますが、まだ仕事で看取りに携わった事がありませんでしたが、先日身内で貴重な体験をしました。
癌の闘病で最期は自宅での療養を希望する患者さん。
終末期療養に対する大きな不安を抱えながら、仕事をしなければ生活ができない家族。
迫りくる時間、現実問題に直面しながらも患者本人の意向を最大限に考慮しました。
見守る家族が不安いっぱいの中で、多職種連携でしっかりとサポートされていました。
退院直前から訪問看護師は病院に赴き、患者の状態・状況をこと細かく確認。
祝日でも困ったときにスピーディに対応するケアマネージャー。
体調急変の早朝でも対応する医師。
各々の専門性を発揮しながらも、家族へのケアや心遣いもされたお蔭で、大変な事が沢山ありましたが、患者本人も家族も「最期の時、命」と向き合いながら、貴重な時間を過ごす事が出来ました。
「生と死」の現場に介入する事で新たな気付きを沢山得ることができました。
薬剤師として看取りでの関わり方が少し見えた時間でした。

それでは、今日も一日頑張りましょう!