Vol.1610

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(17年度改定調査)一般名処方割合35%に上昇‐後発品調剤が着実に進展


■【ヒカルゲンジ】の投稿記事■■■
『多職種との連携する薬剤師』
先日、地区の医師会を中心に多職種の連携の交流会がありました、毎月開催されるのですが、そこで、従来の連携では、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・ケアマネジャー・介護福祉士(ヘルパー)・社会福祉士・民生委員などが参加されていましたが、ここ数回生活期のリハビリテーションを支えている資格者が参加されていました。
言語聴覚士「ST」(言葉によるコミュニケーションや、食べることに問題を持つ方々が、住み慣れた地域の中で自分らしい生活ができるように支援するリハビリテーション専門職)。
作業療法士「OT」(身体または精神に障害がある方、またはそれらが予測される方に対してその主体的な生活の獲得を図るため、色々な機能の回復・維持及び開発を促す作業活動を用いて行う治療。訓練、指導および援助する専門職)。
理学療法士「PT」(身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることを行う専門職)。
3職種の具体的な事例報告も交えて意見交換がなされました、この様な多くの職種の仕事を理解して、連携をしていくことがらも、かかりつけ薬剤師の考え方がここにもあると思います。

それでは、今日も一日頑張りましょう!