Vol.1598

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚労省)在宅連携モデルで実態調査‐地域の役割分担「見える化」


■【マッキー】の投稿記事■■■
『B会員』
日薬、都薬の会員においてA,B会員があります。もちろん賛助会員や地域によっては場合によってはC会員など独自の会員もありますが、会員数としてはA,B会員が多くを占めております。
一般的な組織であればA会員よりB会員の数が多いことでピラミッドのバランスを取るのですが、B会員はなかなか増えていかないのが現状のようです。そこで、石川県ではB会員の入会金を無料にするキャンペーンを始めました。以前は薬局の経営者もしくは近い方が中心だった考えから、薬剤師全員で現状を打破すべきという考えに変わってきたことがあげられるかもしれません。
薬剤師会の理事に関しても以前は同様の傾向があったのですが、経営者に限らず、多くの才能と意欲のある方に委ねる地域も増えてきていると聞いております。何が言いたいのか。薬剤師会の会員増、特にB会員の数が増えることが薬剤師会、つまり薬剤師の領域の安定化につながるものでありますので、周りの非会員の方を是非会員にさせる努力をお願いいたします!

それでは、今日も一日頑張りましょう!