Vol.1583

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・第50回日本薬剤師会学術大会まであと4日です!


■【トム】の投稿記事■■■
『トムの実習生』の投稿
薬局実習が始まり早4週間。日々の業務に少しずつ慣れていき、心にも若干のゆとりが生まれはじめた今日この頃。実務を行うには不十分な知識・技術を養うために、薬局で働く現役薬剤師の背中を眺めては座学では得られない刺激を受ける毎日。
その中でも私が深く考えさせられる事は、日々の業務でどこまで患者に寄り添った服薬指導が行えるかという点である。座学ではコミュニケーションを学ぶことはできない。しかし、現場では国が求める国民のための薬剤師の在り方を学ぶことができる。
だが、必ずしも現場の薬剤師と大学で学んできた薬剤師像が等しいものとは言えない。現場に立てば時間に追われ、綺麗事を並べても通用しない事が多々ある。掲げてきた目標が机上の空論となってしまうこともある。また、他の薬局薬剤師の中には向上心を失い、日々の業務が漫然と行われている様に伺える場面もある。この実習期間中に、既に大学で教わったことが何度も覆されるという経験をした。
その中でも、薬剤師の軸となる普遍的な部分が存在すると私は考える。それが何処なのか、この2ヶ月半の実習の中で探求出来たらと私は考えている。是非現場の薬剤師の方々にも、1度自分の薬剤師像がどのようなものか、何が薬剤師として必要で、自分はそれを必ず実行できているかと考え、見つめ直して欲しい。


それでは、今日も一日頑張りましょう!