Vol.1564

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚生労働省)冬の流行を見据えたインフルエンザワクチンの製造予定量が、昨年度の使用量を下回る見通し。


■【トム】の投稿記事■■■
『地域における連携体制の構築』
初めまして、今期から会員委員会の委員になりましたトムです。皆さんの身近な内容をお送りしていきますので、宜しくお願い致します。

昨年度から健康サポート薬局の研修会などがスタートし、平成28年10月から届け出が始まりました。直近の公開されているデータでは、届け出の件数が全国で435件、東京都では41件です。
しっかりと準備して届け出することも大事ですが、地域における連携体制の構築など実態を伴うことが一番大切だと思います。

さて昨日私の薬局に後期高齢者健康診査の結果を持ってきた患者様が来局。ドクターには詳しく聞けなかったから見てほしいとのこと。

フムフム...んん?
年齢80歳の女性、身長150cm、体重47kg、血清クレアチニン値1.12、尿蛋白3+。
昨年のデータよりもかなり悪化。基礎疾患や使用している薬もありますが、明らかに腎機能が低下。
こんな場面ありますよね?
こんな時皆さんはどんな対応をし、どんな情報提供または医療機関を紹介しますか?


それでは、今日も一日頑張りましょう!