Vol.1554

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
【医療機能評価機構】併用禁忌薬投与で注意喚起‐
イムランとフェブリク
ワーファリンとケアラム 他


■【てふてふ】の投稿記事■■■
『1回飲めば治療は終わり・・・インフルエンザ治療薬』
塩野義製薬が開発中の新規作用機序を持つ抗インフルエンザウイルス薬「S-033188」が、臨床第3相試験に成功しました。2017年度中に国内で承認申請を行う予定で、2018年度の発売が見込まれます。
単回投与で治療が完了する薬剤には第一三共の「イナビル」と塩野義製薬の「ラピアクタ」がありますが、前者は吸入、後者は点滴で、単回で経口投与のインフルエンザ治療薬は「S-033188」が初めてとなります。

それでは、今日も一日頑張りましょう!