Vol.1549

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚労省) ワーファリンなど4品目、添付文書の改訂


■【マッキー】の投稿記事■■■
『ポリファーマーシー』
薬剤師の出番ですよ!
いま様々な企業やメーカー、大学病院等でポリファーマシーへの対応や効果について研究、数値化されているかと思います。多職種連携が拡がる中で、またかかりつけ化が推進する中でやはりここが薬剤師の役割の最重要のものの一つとして期待されているのはご存じのとおりです。また、これは処方の再設計に大きくかかわることなので薬剤師の職能拡大も含めて力を存分にアピールできるものでもあります。
一方で残念なのが、この単語自体を知らない薬剤師が多く、自分たちの業界の情報にアンテナを張っていないケースが見られます。いつまでも医師を見て仕事をするのではなく、薬剤師が求められているものを理解して仕事をする環境に変わってきています。今後もいろいろな単語をご紹介いたしますのでよろしくお願いいたします。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。