Vol.1548

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・厚生労働省は2日、厚生科学審議会臨床研究部会の初会合を開き、臨床研究法に規定する実施基準の概要案を示した。法の網にかかる臨床研究の範囲を、人に医薬品などを投与する行為のうち「医行為に該当するもの」と規定。観察研究は法に基づく臨床研究に当たらないと明確にした。


■【ヒカルゲンジ】の投稿記事■■■
『五感を感じる薬剤師』
真夏のある日に、日本橋のイベントの案内を見て感じた言葉がありました。
「五感で楽しむ、江戸の涼」この、五感とは、人が外界を感知するための多くの感覚機能のうち、古くからの分類による5種類です。視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚を示しています。伝統的な分類を前提として、人の感覚全体を指す表現に用いられる場合もあります。また、この五感を鋭くして第六感を働かせる感覚が薬剤師の行動にも非常に大切になっています。
薬局の窓口でも、患者さんの五感を感じて状態を把握することが数多くあります。在宅の訪問時でもその方の暮らしを五感で感じ六感を使って把握することは非常に大事な感覚です。五感を感じる薬剤師としてかかりつけ薬剤師の感性を磨きあげ六感を働かせたいと思います。

それでは、今日も一日頑張りましょう!