Vol.1539

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚労省) かかりつけ薬剤師の確保、次期医療計画に明記


■【マッキー】の投稿記事■■■
『リフィルは?』
7月12日に中医協の総会がありました。その中で日本医師会から「医師の指示に基づくリフィル処方の推進」について絶対に認められないという言葉がありました。
さてリフィル処方箋が近いうちに実現するでしょうか。患者さんからは毎度診察にかかる時間や金銭的な負担を軽減することができ、医療機関からすれば診察にかかる負担を軽減することができます。双方の負担を軽減できるのですぐにでも実現すべきとありますが、そもそも日本での環境と例えば導入しているアメリカでは保険制度、点数自体、処方箋の取り扱い方法等根本的に異なっております。
特に医療機関では報酬の問題があります。日本では受けた数だけフィーが増えますが、アメリカでは保険会社の契約などにより一定数以上を超えても変わらない、だからリフィルがありがたいなどの環境が大きく違います。
そのような点を考慮すると日本では早期に実現することは考えづらいのが現実です。ただし、何らかの形で薬剤師の活躍範囲が拡がることを期待して是非日ごろの活動でもっともっと薬剤師はできる!ことをアピールできればと思います。

それでは、今日も一日頑張りましょう!