Vol.1534

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚労省検討会) 高齢者の多剤対策で中間案‐適正使用ガイドライン策定


■【マッキー】の投稿記事■■■
『過去最高』
PMDAの2016年度の業務実績報告によると1万3,448人の一般消費者や患者さんから医薬品相談があり、これは過去最高とのこと。最も多かったのが約4割で「安全性」としてそのあとに「相互作用」「効能・効果」「用法・用量」が続いている。中でも「相互作用」についての伸びが大きく、健康に関与する様々な薬や食品が増えてきていることや、国民の医薬品に関して知識が高まっていることが予想されています。
PMDA自体もそうですが、薬剤師に関してはほんの数年前まで認知が少ない職業だったのですが、いつの間にか当たり前のように認知されてきています。パッシングは消えているわけではありませんが、逆に期待をされている職業の一つでもありますので、今後も「より気軽に」相談される薬局づくりを目指したいものです。

それでは、今日も一日頑張りましょう!