Vol.1528

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・高齢患者のPIMs(潜在的に不適切な薬物療法)対策として、厚生労働省は医師や薬剤師ら多職種で構成する「高齢者薬物療法適正化チーム」を新設する考えを示した。特に副作用が懸念される疾患では2020年度末までにガイドラインを作成する予定。


■【ゲーリー】の投稿記事■■■
『ヒアリに注意』
5月以降、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が神戸港、尼崎、そして名古屋港で相次いで見つかりましたが、4日、大阪南港で「ヒアリ」の女王アリとみられる死骸が1体見つかり,その後、神戸のコンテナ内でも女王アリの死骸が発見され、ついに6日には品川の大井埠頭でも「ヒアリ」が発見されました。繁殖力が高いことを考慮すると、都内でもヒアリ対策は必要と思われます。
ヒアリは極めて攻撃性が強く、刺された際には、アルカロイド毒によって、熱感を伴う非常に激しい痛みがあり、水疱状に腫れ、その後、膿が出るといった症状が起こるとされています。厚生労働省は、このアリに刺された場合の医療的な留意事項を都道府県に事務連絡として発出し、刺された人がアナフィラキシー症状を起こした場合、アドレナリンを注射するといった適切な救急処置を行う必要性を挙げています。
(一社)日本アレルギー学会ホームページ(以下アドレス参照)でも注意喚起がされていますのでご覧ください。
http://www.jsaweb.jp/modules/news_topics/index.php?page=article&storyid=286
☆「厚生労働省 ヒアリ」で検索すると、「ヒヤリハット」がヒットするのも薬剤師的には面白い!
それでは、今日も一日頑張りましょう!