Vol.1506

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・自民党の行政改革推進本部は、院内残薬の削減課題と対応策を検討した。
バイアル内に余った製剤を、閉鎖式接続器具を用いてほかの患者に使用する手法(DVO)など、海外事情も踏まえた院内残薬の現状について意見聴取した。


■【まひるのあひる】の投稿記事■■■
『のこったもの』
日本には、「もったいない」の精神もありますが、時と場合によっては首をかしげたくなるような対応もあります。食品の消費期限の付け替えや、廃棄するはずの食品のリサイクル?など。
わが業界も、人に使ったバイアルの残りを他の患者に使用って昔の予防接種の回し打ちを連想してしまい、違和感が...。
数日前のテレビで、軟膏容器をリサイクルしてもらうように薬局に持っていくと返金してくれるような話が出ていました。確かに保険診療上「貸与」となっていますが、「繰り返し使用可能な場合」は再利用できるとされているはず。薬剤師が衛生上難しいと判断した場合はこれにあたらないのではと思いますがいかがでしょうか。

それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。