Vol.1489

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・国立がん研究センターは、小児や若い世代のがん患者に対し、がん免疫治療薬「オプジーボ」を使う臨床試験を始めたと発表した。


■【プカプカ】の投稿記事■■■
『長期入院減らし、在宅加速へ=25年の地域医療構想-厚労省』
厚生労働省は10日、各都道府県が2025年の医療提供体制を示した「地域医療構想」の分析結果を公表した。構想は複数の市町村で構成する全国341の区域ごとに推進。その約8割に当たる270区域で、長期療養向けの入院ベッドが15年度より減る見通しだ。入院の必要性が低い高齢の患者を在宅医療に移す流れを加速させるという。一方、リハビリ患者らが入る「回復期病床」は、高齢者のニーズが高まるため、336区域で増加。増加分は、急性期のベッドなどの機能転換により賄うとしている。

それでは、今日も一日頑張りましょう!