Vol.1481

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・(厚労省) 肝炎偽造薬、和歌山の病院にも納入‐大阪の無許可業者から流通


■【マッキー】の投稿記事■■■
『地域住民のための』
今ちまたでとある調剤チェーンの不正請求問題が話題になっております。決してやってはいけないし、やらされた職員がかわいそうで。皆様ルールはルール、悪法も法なので、会社のためと思ってもやってはいけないことはやってはいけませんよ!
さて、上記のものは処方箋の集中率に関してのものですが、墨田区の薬局では正しい方法で集中率を下げたという記事を読みました。
その薬局では、地域住民が集まれるカフェスペースや「定期的な」健康増進企画、OTCの販売強化とあるべき姿を追い求め実行したというもので、かなり面での処方箋が増えたとのことです。このようなものは継続することが何より大事です。
コンテンツ作りも大変ですが、無理をしなくてもよいのでまずは継続できる形からゆっくりと組み立てていく必要があります。それが信頼につながり「次からは処方箋をお願いしよう」という言葉と行動につながっているそうです。
そもそもこういった薬局とそうでない薬局どちらがその人の健康寿命に貢献しようとしていますでしょうか。もう処方箋だけ応需する薬局はいらないかもしれないですね。そう考えさせられる記事でした。墨田区の○リーブ薬局ですので興味のある方は調べてみてください。


それでは、今日も一日頑張りましょう!