Vol.1468

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・城西大学薬学部薬剤作用解析学の小林大介教授らが行った調査で、薬局薬剤師自身は「実践できている」と自認している業務でも、患者の実感としては実践できておらず、両者の認識には差があるという結果が明らかになった。


■【マッキー】の投稿記事■■■
『レシピ』
健康サポートという名前も手伝ってか、地域の皆様向けサービスが薬局で拡大してきていますね。その中で最近ちょくちょく名前を聞くのが管理栄養士さんです。今まで私はあんまり身近に認識していなかったのですが、栄養相談会や健康レシピについて提案するなど企業が特にですが、そういった活動をよく見ます。またセルフメディケーションの広がりもあり、アプリでもたくさんそのようなものが出ていますね。
最近では某カラオケ大手がレシピアプリをリリースしました。これは同社が給食事業を行っている関連で出たものですが、このアプリのせいか、医療や介護施設への食事提供が非常に拡大しているとのことです。
薬局の機能として薬に特化するのも正解だと思いますし、このように食事や生活に入り込んでいくのも正解だと思います。私みたいな小さな薬局では一人ですべてを行うことはできませんが、近所の美容関係やフィットネスと連携することで全体として一元的機能(の手前位)を提供することも可能ですので、何がヒットするのか患者さんの立場になって再度考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、今日も一日頑張りましょう!