Vol.1464

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
塩崎恭久厚生労働相は4日の参院厚生労働委員会で、敷地内薬局かどうかによって調剤報酬に差を設けることを検討する考えを示した。また、大学病院など公的病院による敷地内薬局誘致の動きに対しては「公的な病院は、新しい医療の範を見せてもらわなければならない。われわれとともに、患者本位の薬剤師・薬局の役割を考えた上で対応をしてもらいたい」と苦言を呈した。


■【まひるのあひる】の投稿記事■■■
『薬剤師議員』
TOPICSは、藤井基之参議院議員の質問に対する答弁での塩崎大臣の発言です。
3月に日本薬剤師連盟では、次期参議院議員選挙の薬剤師の統一候補を決めたとありました。本田あきこ氏です。国の法整備によって我々薬剤師の仕事も様変わりしてしまいます。しっかり発言のできる薬剤師議員を増やすことは大事ですね。


それでは皆様、楽しい休日をお過ごしくださいませ。