Vol.1463

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・【厚労省検討会】偽造品流通防止の議論開始‐今夏めどに中間取りまとめ


■【マッキー】の投稿記事■■■
『当日配送』
アマゾンが出版社の倉庫に行き直接書籍を収集、消費者宅へ届けるサービスを本年中に開始するという記事が出ました。これにより書店店頭を経ない販売経路が確立する可能性もあり、本購入の流れが根本から変わりそうです。しかも書籍の発売日にそのまま届くとのこと。新刊はやはり本屋という方でも今後大きく利用が広がる可能性があります。
また中間マージンとして支払っていた分も出版社としては負担が減ることもサービス拡大の追い風になるとみられています。書店はさらに将来が厳しくなること、また中間取次業者も一気に厳しくなるなど様々な業種でサービス変化に伴い変化の節目を迎えていることが想定されます。
さて、医療業界に目を向けると、同様のサービス拡大はあるものの、やはり法律との両立という面で大きな変化を嫌うという特殊性もあり今の状況を迎えています。健康にかかわることなので慎重にというものは維持したいものの、新しいサービスで利便性が大幅に向上する変化であれば受け入れないといけないことも確かです。
電子お薬手帳しかり、電子処方箋も日本薬剤師会を中心に実証が開始されるという記事もありました。システム音痴というのは理由になりませんので今から少しずつシステム化に向けていろいろな企業と話を聞いて勉強するのもよいと思います。

それでは、今日も一日頑張りましょう!