Vol.1366

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
・自己管理目標を8割達成‐糖尿病腎症の重症化予防で薬局薬剤師が患者コーチング


■【榎本 剛】の投稿記事■■■
『お薬の味2』
じゃ他のアセトアミノフェンの製剤はどうなの?

学生さんは添付文書を調査し始めました。

そこで見つけたのが、

アセトアミノフェンDS小児用20%「タカタ」

添付文書中には

「白色の微粒又は粉末で、においはないか又はわずかに特異なにおいがあり、味は甘い。」

と記載があります。

苦いの文字がありません。

これは甘いんじゃない?

すごい工夫がされている?

という期待を胸に、味見だけなので管理センター薬局に小分けしてもらおうとしたら...

在庫なし。

仕方ない!

学生さんの勉強のためだ!

100g買っちゃいました!!

そして味見...

に、苦いじゃん!!!

カロナール細粒とあまり変わりません。

原末はそんなに苦くないのに。

さて、なぜ飲みやすく工夫された製剤の方が、工夫のない原末より苦いのでしょうか?

ってか、せっかく買ったアセトアミノフェンDSは無駄だったって事...?


それでは、今日も一日頑張りましょう!