Vol.1337

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
文化庁の2015年度「国語に関する世論調査」で、いわゆる「ら抜き言葉」のうち「見れた」「出れる」を使う人の割合が、正しい使い方である「見られた」「出られる」を上回ったことが分かった。無意識に使っているかも?


■投稿記事■■■
『調剤時の水』
液剤が処方され、調整時には精製水を用いる方も多いかと思います。第十七改正日本薬局方解説書には調整用水には常水または精製水を用いるとあります。常水とは「一般的には、通常の水道水を常水として用いることができる」と局方解説書には書いてあります。
「精製水」はイオン交換、蒸留、逆浸透又は限外ろ過などを単独あるいは組み合わせて「常水」より製したもので「蒸留水」は「精製水」に変更されています。ちなみに局方にはあと「精製水(容器入り)」「滅菌精製水(容器入り)」「注射用水」「注射用水(容器入り)」が水として記載されています。皆さん「水」の区別つきますか?


■委員日記■■■
最近の浄水器は性能が良くなっているので、そちらを使っている方も多いかと思います。水道水を使う場合は当然塩素や多少のミネラル分には注意しなければいけません。そういえば「しき水」という言葉もありましたね。