Vol.1322

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
財務省と厚生労働省は2017年度予算案で、高齢化に伴う社会保障費の伸びを5000億円程度に圧縮する調整に入る。厚労省は概算要求で伸びを6400億円と想定。月ごとの医療費の個人負担に上限を設ける「高額療養費制度」を見直すなど、個人の負担を増やす。厚労省の概算要求は実質的に過去最大の31.1兆円に膨らんでおり、一定の歯止めをかける。


■投稿記事■■■
『血液製剤メーカーを年1回抜き打ち検査』
厚生労働省はワクチン、血液製剤などを製造する国内の36事業所に対し2017年度から年1回、抜き打ちで立ち入り検査を行うことを決めた。昨年、化学及血清療法研究所が国の承認と異なる方法で血液製剤などを製造していた問題が発覚し、医薬品の信頼性が揺らいだため。調査員を約2割増やし、組織的な不正行為の早期発見を目指す。
抜き打ち検査の対象はワクチン、血液製剤など保健衛生の観点から重要だと位置づける医薬品を造る国内36事業所。ワクチンなどを抜き取り、国に提出した製造販売承認書通りに造られているかの試験をするなどして、違反がないか確かめる。
体制強化に充てる経費として、17年度予算の概算要求に4億4000万円を計上している。


■委員日記■■■
薬局の業務を行う上で、「医薬品の安全使用のための指針及び手順書の策定」、「調剤された薬剤及び医薬品の情報提供等のための業務に関する指針及び業務手順書の策定」等、自己の薬局に見合った内容で作成し備えておくべきものがあります。
法改正や、調剤報酬改定時の状況で、更新はちゃんとできていますか?
保健所も更新されているか確認しているようです。