Vol.1316

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
厚生労働省は、10月から適用する医療機関と薬局を同じ敷地内に併設することを禁じた構造上の規制を緩和する改正通知に関する疑義解釈を地方厚生局に発出した。
「建物外への出入口を薬局、医療機関それぞれ別に設置する必要がある」との解釈を示した。

■投稿記事■■■
『健康年齢』
健康サポート薬局を含め、地域の皆さまへの薬局機能提供として多くの薬局で健康相談会などを積極的に実施し、未病予防への取組を行ってきているようです。
国を挙げて健康年齢への取り組みを進めており、医療保険で健康年齢に応じて保険料が変わる仕組みも出ています。ノーリツ鋼機は、健康状態に応じて保険料が変わる医療保険商品を発売すると発表しました。今後もこのような取り組みはどんどん進んでいくことが予想されます。薬局も健康年齢に貢献できる機能を推進する必要がありそうです。

■2代目編集長日記■■■
チェーン企業だけでなく、1店舗での薬局でも骨密度測定など積極的に行っているようですね。反応もいいし、実際にこれをきっかけに薬局の存在を認識してもらったり、相談会を評価され患者さんになったりと良い反応が出ているようです。我々が思っている以上に世の中では薬局の認知はまだまだ少ないのが現状です。薬局機能の向上に皆様積極的に取り組もうぜ!