Vol.1315

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
オリンピックが始まるまでは、大して気にもしませんでしたが、やはり、メダルを目指して頑張った選手を見ていると、自分も過去にいろいろあり、そしてお世話になった人の事を思いだして、目頭が熱くなります。

■投稿記事■■■
かかりつけ薬剤師指導料の施設基準を届けている薬局の割合が、多い県では6割を越し、少ない県では3割を切っている状況。やはり、この制度が日本全体で受け入れられるには時間がかかりそう。また、調剤基本料の中で最も高い点数(41点)を届けた薬局は約9割との事。

■委員日記■■■
この4月より、手帳を持ってきた方が患者さんの一部負担金が安くなり、患者さんの行動により、支払い金額が減る状況が出来ました。
また反対に、かかりつけ薬剤師という制度が新設され、薬局薬剤師の仕事の方向性を示され、頑張ることにより、患者さんから余計にもらえるようになりました。
この流れは、『厚生省の指導がなければ、薬剤師は仕事をしない』、と言う考えの繰り返しのような気が。