Vol.1311

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
厚生労働省は抗精神病薬「オランザピン」(製品名:ジプレキサ)の添付文書の「重大な副作用」の項に「薬剤性過敏症症候群」を追記するよう指示した。
そのほか、抗菌薬「シタフロキサシン」(製品名:グレースビット)の重大な副作用の項には「血小板減少」と「錯乱、せん妄、幻覚等の精神症状」を追記、他3成分についても注意喚起の追記を指示した。

■投稿記事■■■
『夫婦げんか!』
「叫ぶ」か「黙り込む」かあなたはどっち?夫婦の意見が合わないとき、怒りを表に出す人では心疾患リスク、感情を押さえ込んで対話を拒否する人では背中の痛みや肩こりなどの筋骨格系の障害が高まることが分かったとのことです。
「怒りを強く表す」群の被験者の81%は、胸痛や高血圧などの心血管症状を20年間で1回以上経験していたが、「怒りをあまり表さない」群では約53%だった。「強く拒否する」夫の約45%では背中の痛み、筋肉痛または肩こりがみられたが、「あまり拒否しない」夫では23%のみであった。特に男性側では関連性が強くみられたとのことです。私は、、、黙る方です。

■2代目編集長日記■■■
皆さまはどちらですか?夫婦喧嘩を全くしないという人がいますが、本当にそうなのか常々疑問におもっていました。個人的には全く理解できないのですが、そのような人は、お互いを尊重し合っていて本当にしないのか、片一方が黙って耐えているのか。。。今度そのような人に出会ったら骨格筋の症状があるかどうか確認してみます!