Vol.1280

□■□■□■□■□■□
かがやけ薬剤師!
☆とやく携帯メルマガ☆
□■□■□■□■□■□
■TOPICS■■■
今年6例目のジカ熱患者、累計で9例に(5/23日の記事)
20歳代女性、ブラジル以外の中南米に滞在歴
神奈川県内の地方衛生研究所で検査した結果、ジカウイルス感染症の陽性と確定し、翌21日に医療機関から自治体に届け出があった。


■投稿記事■■■
『有効成分ディートを30%配合した人体用害虫忌避剤』
アース製薬が、高濃度のDEET商品の、日本での販売に向け製品開発に着手

今年は、ブラジルでオリンピックがあります。
ブラジルではジカ熱ウイルスの流行(胎児の小頭症)が問題になっています。
ジカ熱ウイルスは海外旅行者・居住者等が、日本に持ち込む例もあります。
ジカ熱ウイルスは、蚊が媒介します。
日本では虫除け(DEET)は医薬品でも12%の商品しかありません。ただ濃いほうが、効果時間が長いそうです。
厚生労働省は、一日でも早く日本でも高濃度の製品を販売できるよう、迅速な審査により製造販売承認を認めることを通知しました。


■委員日記■■■
私は、ヒトスジシマカは問題ないのですが、イエカに刺されると水ぶくれができて、酷いと2~3週間苦しみます。早く発売してほしいです。
海外では50%以上なんて商品もあるそうです。
ただし、決して安全なお薬ではありません。
よく読んで使いましょう。